差が付く矯正

最近では日本でも欧米の美意識に影響され、八重歯を抜いてきれいな歯並びにする歯列矯正する傾向があります。

RSS 2.0

八重歯と歯列矯正

きれいな歯並びの笑顔はとてもさわやかですね。

国によって美に対する違いというのはありますが、歯や歯並びに関する美意識の違いは日本と欧米では顕著です。

欧米では小さいころから歯並びを矯正します。

八重歯が魅力的でチャーミングという日本の感覚は欧米ではまったく違います。

欧米で八重歯はドラキュラを連想させるものとして嫌われています。

最近では日本でも欧米の美意識に影響され、八重歯を抜いてきれいな歯並びにする歯列矯正する傾向があります。

日本人女性は八重歯が多いのだそうです。

その理由は乳歯から永久歯に生え変わるとき、まだ顎が小さいうちに永久歯が生えてきて、十分な場所がないところに歯が生えるためぎゅうぎゅう詰め状態になってしまいます。

そのため、歯が前に出たり後ろに引っ込んだり斜めになったりしてしまうのだそうです。

八重歯も本来の位置ではなく、前のほうに出てしまうのです。

八重歯以外にも歯並びや噛み合わせなど、矯正をする事でのメリットは多いです。
※「矯正知識あれこれ(http://www.rexindo.com/)」より

当サイトではこれから矯正の重要性についてお話して行きたいと思います。